毎年恒例のお楽しみ

買い物好きにとってお正月楽しみな事と言えば、毎年恒例の福袋。

 

 

普段買い物をする事が少ないので、滅多に買えない物を大量に安く買う事が出来る一大イベントです。

 

 

開店前には長蛇の列が並んでいます。

 

寒いのは分かってるんだからもっと着込めば良かったと毎年後悔。

 

 

福袋といえば洋服系のイメージですが、アクセサリーやコスメ、食品系から変りダネとしては車や体験型福袋など多岐にわたって様々な種類があります。

 

私はこの数年、非洋服系を目当てに購入しています。

 

 

福袋の楽しみは安く買える事と、開けた時のワクワク感にあると思います。

 

反対にガッカリする事もありますが。

 

どう見ても売れ残りが入ってるんじゃない?何て事も思ったりしますが、それも福袋の楽しみの一つです。

 

 

人気のあるコスメ系は開店から数分で売り切れになる事もあり、悔しい思いもします。

 

そんな時は来年こそと気合を入れて臨みます。

 

そんな思いがあるからまた来年の楽しみが出来るんです。

 

 

 

福袋にはお気に入りの商品がたくさん入っていました

私はお正月に何度か福袋を購入したことがあります。

 

 

毎年、気に入った福袋があれば購入したいのですが、人気が高いものはすぐに売り切れてしまいます。

 

 

 

そのため、買わずに諦めてしまっていることも多いような気がします。

 

 

以前、人気の福袋を知人が予約してくれて、なんとか購入することができました。

 

 

 

その店は輸入家具や雑貨のお店だったのですが、その年だけ何とか福袋を購入することができました。

 

 

福袋は5千円だったのですが、中身の商品を合計すると、それ以上の値段になりました。

 

 

 

また、良い商品が多く、今でも使っているものもたくさんあります。

 

 

私はそのお店のシンプルなデザインが好きで、時々お店に行っていろいろな商品を見ていました。

 

 

 

値段もそれほど安くはないので、あまり多くの商品を買っていなかった分、福袋は大きな買い物になりました。

 

 

 

福袋の返品および交換を可能にしたら…?

福袋に対して思うことはと言いましたら、「福袋の中身の返品や交換を可能にしてほしい!」ということです。

 

まあ、そのようなことができないからこその「福袋」なのでしょうけれど。

 

だからこそお店側も「福袋」として販売しているからなのでしょうけれど。

 

 

 

しかし、そのような福袋に関するお店側の事情はさておいておいて、やっぱり言いたくなってしまうような事態だってありますから。

 

福袋の中身があまりにもひどい時だってありますよ。

 

たとえば、「3万円相当の商品が入った福袋」とされていても、ネットでざらっと調べてみたところ、明らかに3万円相当の商品だとは思えないものだってありますから。

 

 

 

ですからこそ「福袋の返品および交換を可能にしてくれー!」と思ってしまうというわけです。

 

切実な願いだったりしますので。

 

2018年ロクシタンの福袋 2018年チャオパニックの福袋 グローバルワーク 福袋 レピピアルマリオ 福袋

 

更新履歴